男女作業者

プロに依頼して蜂の巣を駆除|被害拡大をストップ

最新記事一覧

被害が多い害虫

一軒家

シロアリは湿度が高く、日が当たらない所に生息します。岐阜では天候などの条件により、ヤマトシロアリによる被害が殆どで、湿った木材を好むため台所や浴室等の水回りの床下に被害を与えます。ヤマトシロアリの1部は4〜5月の日中に羽アリとなって飛び立ちますが、床下には残りの仲間が生息して木材を食べ続けます。

詳細を読む

必要なもの

散布作業者

駆除を行うための準備

家の周辺で蜂を見かけた場合は、もしかした庭木や家の庇、屋根裏などに蜂の巣がある可能性があります。蜂は下手をすれば刺されたら命に関わることもありますので、そのまま蜂の巣を放置しておくことは、非常に危険です。そのために蜂の巣を見つけたら、駆除するようにしましょう。もっとも駆除を実行する前の準備として、まずは蜂の種類を調べましょう。たとえば獰猛で有名なスズメバチの場合は、自力での駆除は難しいので専門業者や市役所、保健所などに相談する必要があります。しかしそういった危険な種類ではない蜂の巣ならば、自力での駆除が可能です。そして自力での駆除が可能な種類の蜂の巣ならば、蜂の巣が活動しているかどうかを確認しましょう。

必要なアイテム

自力で蜂の巣を駆除する際に利用したいアイテムは、まず香水やヘアトニックなどの匂いがするものを使用せず、服装は肌の露出を避ける長そで長ズボンが基本です。そして手袋と帽子、長靴も使いましょう。またタオルを頭から被ったり、雨合羽なども良さそうです。そしてこれらのカラーは白っぽいものにしましょう。黒っぽい色だと、蜂が近寄ってくる危険性があります。また市区町村によっては専用の防護服を貸してくれることもあるので、問い合わせてみるのも良いでしょう。そして殺虫剤に関しては、蜂専用のものもありますが、ごく一般的なものやゴキブリ用のものでも十分効果があります。あとは長い棒と内側にビニール袋をかけた虫取り網を用意し、蜂が活動しない夜に巣を撤去しましょう。その際に懐中電灯を使用するならば、蜂が寄ってこないように赤いセロファンをかぶせましょう。

プロに依頼しよう

インテリア

ハチの巣の駆除や退治は、特に初夏以降はプロに任せた方が安全です。ハチ退治のサービス料金は、ハチの種類や駆除の難しさによって決まってくることが多いと言えます。プロのサービスの場合には、効率良く作業が進められる点が人気を得ているのです。

詳細を読む

活動時期

駆除道具

埼玉県は梅雨と秋に曇りや雨の日が多く降水量が増えて、夏は高温となります。ヤマトシロアリは湿度が高い地域に発生するので埼玉県でも被害が多くみられます。ヤマトシロアリは台所や浴室の床下に生息するのでシロアリ駆除をする時は、床下で作業する事になります。個人では難しい点があるので業者に相談してみましょう。

詳細を読む